現在のページ:TOPページ診療科 ≫ アレルギー科

アレルギー科

診療の特色

対象疾患

・食物アレルギー(アナフィラキシー・新生児・乳児消化管アレルギー・口腔アレルギー症候群含む)
・気管支喘息
・アトピー性皮膚炎・接触性皮膚炎・蕁麻疹・血管性浮腫
・アレルギー性鼻炎・花粉症
・ラテックスアレルギー・金属アレルギー・薬剤アレルギー

現在、わが国では約2人に1人に何らかのアレルギー疾患にかかっていると言われています。そのような状況に総合的な対策を講ずるため、国会で成立した「アレルギー疾患対策基本法」が平成27年12月25日から施行されています。アレルギー科でもアレルギー疾患の診断や重症化の予防、患者さんの生活の質の改善など、よりよい医療を提供できることをめざしています。

アトピー性皮膚炎・食物アレルギー・気管支喘息・花粉症などのアレルギー疾患はお互いに関連しています。その悪循環をたちきるために、当科ではトータルケアを行っています。

アレルギー疾患の中でも特に食物アレルギーを有するお子さまが増えています。アレルギーがあるかどうかの正確な診断や摂取できるようになったかどうかの確認には、食物負荷試験が必要となることが多く、当科では年間約150件の負荷試験を行っています。

アレルギーは原因物質に体に入ってきたときにアレルギー反応を起こす疾患で、治療のほとんどはその起こりうる反応を抑える目的で行われています。現在ではアレルギー反応自体を起こさせないための根本的な治療として、免疫療法があります。当科ではスギやダニに対する免疫療法を行っています。



診療時間

午前 9:00~12:00 午後 13:00~16:00

外来診療担当医

 
午前

-

笠井

食物負荷試験
笠井

食物負荷試験
(期間限定)
笠井

-

午後

笠井

(特殊)
笠井

-

笠井

-

*再診される際の注意:診察の前に問診票をご記入いただくことがありますので、診察予定時間の10分前にはお越しください。通常の診察は約15分間を予定しております。ご相談内容によって時間がかかることが予想される場合には、事前にご連絡ください。また診察時間が予定よりかかったり、ご来院が遅くなられた場合には、途中でお待ちいただくことがございます。

皆様の待ち時間を少なくできますよう、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

完全予約制です。
 
…初診受付
※急な学会・出張等で休診・代診になる場合がありますのでご了承下さい。

スタッフ

中岸保夫(なかぎし やすお)

中岸保夫(なかぎし やすお)
アレルギー科科長およびリウマチ科科長

平成13年 神戸大学医学部 卒業
日本小児科学会専門医
日本リウマチ学会専門医、評議員

所属学会:
日本小児リウマチ学会(運営委員)
日本アレルギー学会
日本臨床免疫学会など

笠井和子(かさい かずこ)

笠井和子(かさい かずこ)
アレルギー科医長およびリウマチ科医長

平成14年 長崎大学医学部 卒業
日本小児科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本アレルギー学会専門医

所属学会:
日本小児リウマチ学会
日本小児アレルギー学会など

岡藤 郁夫(おかふじ いくお)

岡藤 郁夫(おかふじ いくお)
非常勤医師、神戸市立医療センター中央市民病院 小児科医長

平成8年 卒業
日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会指導医・専門医
日本リウマチ学会専門医

所属学会:
小児アレルギー学会評議員

田中裕也(たなか ゆうや)

田中裕也(たなか ゆうや)
非常勤医師、神戸市立医療センター中央市民病院 小児科副医長

平成17年 卒業
日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会専門医

三好 麻理(みよし まり)

三好 麻理(みよし まり)
非常勤医師

日本アレルギー学会指導医

菱谷 好洋(ひしたに よしひろ)

菱谷 好洋(ひしたに よしひろ)
フェロー

平成16年 大阪大学医学部 卒業
日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会専門医
日本リウマチ学会専門医など


その他のスタッフ


日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会認定の小児アレルギーエデュケーターを含むアレルギー担当看護師や管理栄養士など多職種のスタッフでサポートいたします。

連絡先 連絡先:兵庫県立こども病院 アレルギー科
住所:〒650-0047 神戸市中央区港島南町1丁目6-7
電話(078) 945-7300(代表)