現在のページ:TOPページ診療科アレルギー科 ≫ 疾患と症例|、診療実績

アレルギー科

疾患と症例

食物アレルギー

食物アレルギーでは正確な診断が必要になります。これまで食品を摂取したことがあるかどうか、アレルギー症状が起こったことがある場合は、どのような食品をどのくらい食べて、どのような症状が出たのかということが重要です。診察の際にお伺いしますので、あらかじめ情報をご用意ください。また血液検査や皮膚テストを参考にし、必要時には外来・入院食物負荷試験も行って診断します。これは食物アレルギーがあるのかどうかを診断するだけではなく、食物アレルギーが治ってきたかどうかを判断するときも同様に診断します。それらの情報をもとに、食品摂取の制限が必要最小限になるようにしています。また食物を誤って食べてしまったときに重篤な症状がおきる危険性のあるお子さまには、アドレナリン自己注射の所持をお勧めしております。


気管支喘息

お子さまの喘息の最終ゴールは寛解(軽微な症状もなかったり呼吸機能検査でも異常がない状態が長期に続くこと)です。明らかな発作がなくても、運動時の咳や感冒時の長引く咳などがある場合は、気道過敏性が高まっている可能性があります。治療を行うことで、このような気道過敏性や呼吸機能検査の異常値をしっかりコントロールされている状態をめざします。治療も‘継続は治療なり’ですが、継続する大変さを少しでも軽減できるように、患者さまと一緒に考えていきます。今後喘息に対する特殊治療の選択肢も増えてくることが予想されますが、それぞれのお子さまにあった治療法をご提案します。


アトピー性皮膚炎

乳児の重症アトピーではかゆいだけではなく、脱水や電解質の異常など緊急性のある状態や成長障害を伴うこともとあります。皮膚の炎症をしっかり抑えることでお子さまの健やかな生活を取り戻すだけではなく、皮膚のバリアを保つことでアレルゲンが皮膚から体内に侵入することを防ぎます。皮膚ケアのお話や実践を入院で行う場合もあります。


アレルギー性鼻炎

国民病と言われるスギ花粉症などのアレルギー性鼻炎は大人だけではなく、お子さまでも低年齢化し増加しています。当科ではスギとダニに対する舌下免疫療法、皮下免疫療法をおこなっております。


皮膚テスト

食物アレルギーや接触性皮膚炎、金属アレルギー、薬剤アレルギーなどの検査として、プリックテストやパッチテストなどの皮膚テストを行うことがあります。

皮膚テストの様子

診療実績


診療体制

【食物負荷試験のスケジュール】

外来
水曜日 木曜日
9時30分 9時 診察
順番に食品摂取(自宅からご持参いただいた食品を1~2回に分けて摂取していただきます。)
アレルギー症状がでないかどうかを観察します。
12時 11時30分 症状がなければ診察終了。
(症状が強くでた場合は、観察の継続や救急外来受診、入院となることがあります。)
入院
9時 診察
10時30分~11時45分 食品摂取(自宅からご持参いただいた食品を2~4回に分けて摂取していただきます。)
症状がでないかどうかを観察します。
12時30分 昼食(症状がなければ、給食を食べます。)
14時30分 退院決定(アレルギー症状がなければ診察終了となります。)
症状が強くでた場合は入院継続になることがあります。

【その他】
アレルギー担当看護師や管理栄養士がご相談にお答えしたり、アレルギー疾患の治療や食事の仕方について詳しくお話しさせていただきます。




診療実績


2015年 食物負荷試験 148件

連絡先 連絡先:兵庫県立こども病院 アレルギー科
住所:〒650-0047 神戸市中央区港島南町1丁目6-7
電話(078) 945-7300(代表)