現在のページ:TOPページ診療科血液・腫瘍内科 ≫ 疾患と症例|、診療実績

血液・腫瘍内科

疾患と症例

血液疾患

白血病、悪性リンパ腫、再生不良性貧血、骨髄異形成症候群、血球貪食症候群、ランゲルハンス細胞組織球症、血友病など


固形腫瘍

神経芽腫、肝芽腫、ウィルムス腫瘍、横紋筋肉腫、網膜芽腫、脳腫瘍など
その他すべての悪性腫瘍、先天性免疫不全症など

日本小児がん研究グループ(JCCG)に所属しており、基本的には白血病、悪性リンパ腫、各種固形腫瘍等については多施設共同研究の成果に基づいた同グループの定める全国共通のプロトコールで治療を行なっています。



診療実績


診療実績


2014年の新規症例数は165例(うち白血病・神経芽腫等の悪性腫瘍は76例)で全国でも有数の症例数を誇っています。難治例については造血細胞移植も考慮します。
専用の完全無菌室2床を用い(新病院では4床に増床)、2009年以降は概ね年間20例前後の移植を施行しています。
当院では2003年に骨髄移植推進財団および日本さい帯血バンクネットワークの移植認定施設となりましたが、これ以降の移植件数は延べ211件です。






連絡先 連絡先:兵庫県立こども病院 血液・腫瘍内科
住所:〒650-0047 神戸市中央区港島南町1丁目6-7
電話(078) 945-7300(代表)