現在のページ:TOPページ診療科脳神経外科 ≫ 疾患と症例|、診療実績

脳神経外科

疾患と症例

脳・脊髄腫瘍

小児がんの第2位の発生頻度を有する脳・脊髄腫瘍の集学的治療については、脳神経外科、血液腫瘍内科、放射線科、病理の専門医を中心としたチームにより日本小児がん研究会脳腫瘍治療グループの標準治療に基づき専門病棟において治療を進めています。これらの疾患の初発症状は頭痛・嘔吐など感冒などに近いため注意が必要であり、治療に関しては当施設における各部門の専門家によるバランスの取れた治療がお子さまの将来を左右します。

脳血管障害

もやもや病、脳動静脈奇形、脳出血に対しては、常時MRI,3D-CTA,脳血管撮影が可能であり、血管内治療も含めた外科的治療を行っています。

二分脊椎、脊髄腫瘍などの脊髄疾患

毎週金曜日の二分脊椎外来において泌尿器科、整形外科と協議して治療を進める体制を確立しています。脊椎再建を要する疾患の治療も行っています。

水頭症、その他の先天性疾患

水頭症については厳密な手術適応に基づく髄液短絡術、神経内視鏡手術を行なっています。

頭蓋縫合早期癒合症(頭蓋顔面奇形)

形成外科専門医とともに高度な頭蓋顔面奇形に対する治療を行っています。

脊髄空洞症

キアリII型奇形、キアリI型奇形、その他に伴う脊髄空洞症の治療に豊富な経験を有しています。

●その他の脳・脊髄疾患および感染・外傷に関しても外科的治療が必要な場合は随時対応しています。

診療体制


診療体制

小児脳腫瘍に対する集学的治療

脳・脊髄腫瘍に対しては疾患のみならずお子さまご家族の全人的な治療に、脳神経外科・血液腫瘍内科・放射線科・病理専門医・内分泌代謝内科・指導相談部・外来及び病棟スタッフなどを中心にした小児がん脳腫瘍治療チームが専門病棟で当たります。また必要に応じて兵庫県立がんセンター、兵庫県立粒子線治療センターと連携してお子さまに最良の選択肢を提供します。毎週金曜には各科の専門医による診察を行っています。

頭蓋顔面奇形に対するチーム医療

頭蓋縫合早期癒合症(狭頭症)の中には、顔面の高度の変形を伴う例があります(クルーゾン症候群、アペール症候群など)。頭蓋変形の手術のみならず眼窩・上顎などの顔面骨に及ぶ手術を必要とする場合には、脳神経外科と形成外科医による緊密な連携が治療には不可欠となります。 
 こども病院では顔面に変形が及ぶ場合には早期に形成外科医と連携しながら治療を開始し、手術も共同で行ないます。小児麻酔科医の協力も得て、安全な手術により良好な形態改善を得ています。

二分脊椎外来

脊髄髄膜瘤や脊髄脂肪腫などの二分脊椎のお子さまは、脳神経外科医により脊髄の手術が行なわれた後も、排尿/排便障害、下肢麻痺、脊椎変形などのために、複数の専門家による継続的な治療を必要とする場合があります。
脳神経外科医・整形外科医・泌尿器科医を中心として、成長や進学に合わせて小児外科医・WOC看護師なども含めたチームで治療を進めています。
毎週金曜には各科の専門医により一度に診察する二分脊椎外来を開設しています。
担当医)
整形外科;薩摩、小林、坂田、衣笠
脳神経外科;小山、阿久津、河村
泌尿器科;杉多、春名

専門外来参照


診療実績


●2001年から2016年までの手術件数は2501例で、年間約150例の脳・脊髄手術を行っており、小児のあらゆる外科的脳・脊髄疾患を治療しています。脳・脊髄腫瘍の手術は年間15例以上あり、術後は悪性腫瘍に対して常時4〜5名の患児の標準治療を専門病棟で行っています。また、二分脊椎は200名以上を定期的にフォローアップしています。水頭症の手術は年間20例以上実施しています。頭蓋顔面奇形に対する再建術は、形成外科との緊密な協力体制の下に良好な成績を得ています。

連絡先 連絡先:兵庫県立こども病院 脳神経外科
住所:〒650-0047 神戸市中央区港島南町1丁目6-7
電話(078) 945-7300(代表)
手術に関することは、各診療科窓口
日帰り手術当日の体調・麻酔に関することは、麻酔科