現在のページ:TOPページ診療科 ≫ 臨床遺伝科

臨床遺伝科

診療の特色

兵庫県立こども病院臨床遺伝科では染色体や遺伝子に原因があるさまざまな病気(以下、遺伝性疾患といいます)をもつ患者さまの診療を行います。当院での臨床遺伝科開設の重要な意義は、遺伝(hereditary)や遺伝子(gene)に関する正しい情報提供を行い、人間のもつ多様性を理解し、それぞれの患者に合わせた最適な医療を提供することです。臨床遺伝科では、院内外のさまざまな診療科・医療機関と連携して診療を行います。

遺伝性疾患は近年研究が大きく進んでいる分野です。臨床遺伝科では、神戸大学小児科をはじめとする全国の医療機関・研究機関と連携し、次世代シークエンサーやアレイCGHといった最新の遺伝子解析システムを使って正確な遺伝学的診断を行います。当院は未診断疾患イニシアチブ(Initiative on Rare and Undiagnosed Diseases, IRUD)地域拠点病院である神戸大学の協力病院です。当院でIRUDへの参加が可能です。


一方で、遺伝子解析を受けたくないという考え方もあります。解析を行う前と後に、遺伝子解析についての疑問や不安について、臨床遺伝専門医が遺伝カウンセリングを行います。それぞれの疾患や個人の考え方に合わせた最善の方法をご相談させていただきます。


遺伝性疾患には非常にまれな病気も多く、同じ病気を持つ患者のご家族どうしで支えあうこと(ピアサポートといいます)で、お子さまやご家族の悩みや不安が解消される場合があります。臨床遺伝科ではこのようなピアサポートへの橋渡しを行います。またそれぞれの病気にあわせた社会資源などの情報提供も行います。当科では遺伝性疾患の診療を通して、できるだけ多くのみなさまに貢献したいと考えています。

※遺伝相談はこどもから成人まで可能です
※臨床遺伝科への受診は医療機関からの紹介状が必要です

診療時間

午前 9:00~12:00 午後 13:00~16:00

外来診療担当医

 
午前

-

完全予約制となります

-

完全予約制となります

-

午後

-

完全予約制となります

-

完全予約制となります

-

完全予約制です。
 
…初診受付
※急な学会・出張等で休診・代診になる場合がありますのでご了承下さい。

スタッフ

森貞 直哉(もりさだ なおや)

森貞 直哉(もりさだ なおや)
臨床遺伝科 科長

平成8年 産業医科大学卒
医学博士
日本小児科学会専門医・指導医
日本人類遺伝学会専門医・指導医・評議員
日本腎臓学会専門医
日本遺伝カウンセリング学会会員
日本小児腎臓病学会会員
日本小児遺伝学会会員・評議員
産業医学基本講座修了産業医
臨床研修指導医養成講習会修了
神戸大学客員准教授

連絡先 連絡先:兵庫県立こども病院 臨床遺伝科
住所:〒650-0047 神戸市中央区港島南町1丁目6-7
電話(078) 945-7300(代表)