現在のページ:TOPページ診療科神経内科 ≫ 医療関係者の方へ

神経内科

医療関係者の方へ

小児神経を専門とする施設のなかでも、当科で特に力を入れているのは、熱性けいれんや急性脳症などの神経救急疾患です。

熱性けいれん・急性脳症

発熱に伴うけいれん・意識障害の小児のうち、以下の3項目のいずれかを満たす状態「重症熱性けいれん」は、神経学的予後不良と関連することを報告しました。

1) 難治性けいれん重積状態(抗けいれん薬投与後も1時間以上持続する)
2) 発症後6時間の時点での神経症状(意識障害や片麻痺など)
3) 発症6時間以内のAST>90 IU/l
(複雑型熱性けいれんの予後不良因子を用いた急性脳症治療開始基準の検討. 永瀬 裕朗, 中川 拓, 青木 一憲, 藤田 杏子, 佐治 洋介, 丸山 あずさ, 上谷 良行. 日本小児科学会雑誌114巻5号858-864, 2010. )

また興奮毒性が主体となる1)2)に対して、脳低温/平温療法が神経学的後遺症を減ずることを報告しました。
(Nishiyama M, Tanaka T, Fujita K, Maruyama A, Nagase H. Targeted temperature management of acute encephalopathy without AST elevation. Brain Dev. 2015; 37(3): 328-33.)

PICUにおける連続脳波モニタリング

PICUにおいては、意識障害やけいれん重積の小児の脳波をリアルタイムでモニタリングできる体制を24時間365日準備し、治療に役立てています。この体制がとれるのは兵庫県下では当院だけであり、全国的にみてもその実施件数はトップです。
PICUにおける連続脳波モニタリング実施件数(小児救急医療センター開設後)

熱性けいれん・急性脳症に限らず、神経に関連する緊急を要する状態が予測される際には、救急総合診療科が窓口となっておりますので、いつでも御相談ください。

連絡先 連絡先:兵庫県立こども病院 神経内科
住所:〒650-0047 神戸市中央区港島南町1丁目6-7
電話(078) 945-7300(代表)