現在のページ:TOPページ診療科 ≫ 産科

産科

診療の特色

当科は総合周産期母子医療センター産科としてハイリスク妊産婦のみを受け入れる紹介型医療施設で、MFICU 6床を含めて32床、陣痛室1室、LDR 1室、分娩室2室、侵襲的検査処置室1室、産科専用手術室1室を有しています。4D超音波断層装置が4台あり、2人当直制を行っています。また、近畿ブロック周産期医療広域連携事業における兵庫県の拠点病院として他府県からの母体搬送にも対応しています。

入院理由の上位は切迫早産、胎児形態異常、胎児発育不全、前期破水、多胎です。2010~2014年の厚労省周産期母子医療センター評価で4年連続産科、新生児科共にAでした。

兵庫県の周産期医療の最後の砦として診療レベルの維持・向上に努め、また、空床がある限り母体搬送入院を受け入れております。胎児機能不全等の適応があれば手術決定から15分以内の児の娩出を目指す「超緊急帝王切開」を関連部門・スタッフの協力を得て行なっています。

診療時間

午前 9:00~12:00 午後 13:00~17:00

外来診療担当医

 
午前

担当医

担当医

担当医

担当医

担当医

午後

完全予約制です。
 
…初診受付
※急な学会・出張等で休診・代診になる場合がありますのでご了承下さい。

スタッフ

船越 徹

船越 徹
周産期医療センター次長/部長

医学博士
神戸大 S60卒
日本産科婦人科学会産婦人科専門医、指導医、指導責任医
日本周産期新生児医学会専門医、指導医
母体保護法指定医
新臨床研修指導医
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター

佐本 崇

佐本 崇
部長

医学博士
高知医大 S63卒
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
母体保護法指定医
日本医師会認定産業医

喜吉 賢二

喜吉 賢二
医長

神戸大 H10卒
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
母体保護法指定医
新臨床研修指導医
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター

高松 祐幸

高松 祐幸
医長

島根医大 H10卒 
日本産科婦人科学会産婦人科専門医
母体保護法指定医

牧志 綾

牧志 綾
医長

神戸大 H14卒
日本産科婦人科学会産婦人科専門医

森下 紀

森下 紀
医長

大阪市大 H20卒
日本産科婦人科学会産婦人科専門医

河崎 あさひ

河崎 あさひ
医長

島根医大 H21卒
日本産科婦人科学会産婦人科専門医

丸尾 猛

丸尾 猛
兵庫県病院局参与、名誉院長 

前神戸大学医学部産科婦人科学教室教授
第59回日本産科婦人科学会学術集会長

連絡先 連絡先:兵庫県立こども病院 産科
住所:〒650-0047 神戸市中央区港島南町1丁目6-7
電話(078) 945-7300(代表)
手術に関することは、各診療科窓口
日帰り手術当日の体調・麻酔に関することは、麻酔科