現在のページ:TOPページ診療科リウマチ科 ≫ 疾患と症例|、診療実績

リウマチ科

疾患と症例

リウマチ科で対象にしている病気は、そのほとんどが小児慢性特定疾患です。病気の詳しい情報は、「小児慢性特定疾患情報センター」のホームページを参考にしてください。

小児慢性特定疾患のページはこちら

外来患者数(2018年)

主な疾患と患者数 (うち新規患者)

関節型若年性特発性関節炎 69 13名)

全身型若年性特発性関節炎 25 4名)

上記以外の若年性特発性関節炎 2

全身性エリテマトーデス 5 1名)

若年性皮膚筋炎・多発筋炎 5

全身性強皮症・限局性強皮症 4

シェーグレン症候群 3

高安動脈炎 3

(冠動脈病変のない)川崎病 66 44名)

クリオピリン関連周期性発熱 2

家族性地中海熱 2

他の自己炎症性疾患 3 2名)

外来患者数(2019年)

主な疾患と患者数 (うち新規患者)

関節型若年性特発性関節炎 75名(15名)

全身型若年性特発性関節炎 21名 (4名)

全身性エリテマトーデス 7名 (2名)

若年性皮膚筋炎・多発筋炎 5名 (2名)

全身性強皮症・限局性強皮症 1名

シェーグレン症候群 4名 (1名)

高安動脈炎 4名 (1名)

川崎病(冠動脈病変なし) 112名 (46名)

クリオピリン関連周期性発熱 2名

家族性地中海熱 1名

他の自己炎症性疾患 3名 (1名)

外来患者数(2020年)

外来患者数 254名(うち初診 40名)

全身型若年性特発性関節炎 23名 (2名)

全身型以外の若年性特発性関節炎 82名 (10名)

全身性エリテマトーデス 9名 (2名)

若年性皮膚筋炎・多発筋炎 10名 (3名)

全身性強皮症・限局性強皮症 1名

シェーグレン症候群 3名

高安動脈炎 5名 (1名)

川崎病(冠動脈病変なし) 81名

クリオピリン関連周期性発熱 2名

家族性地中海熱 1名

他の自己炎症性疾患 6名

不明関節痛・関節炎など

業績


2020年 論文・著書

Chikagawa Y, Hikishima K, Mizumaki H, Sugimori C, Nakagishi Y, Yachie A, Nakao S. Resolution of Epstein-barr virus-associated hemophagocytic lymphohistiocytosis associated with rapid immune reconstruction after a single course of CHOP therapy. Int J Hematol. 2020;112:889-893

Irabu H, Shimizu M, Kaneko S, Inoue N, Mizuta M, Nakagishi Y, Yachie A. Comparison of serum biomarkers for the diagnosis of macrophage activation syndrome complicating systemic juvenile idiopathic arthritis during tocilizumab therapy. Pediatr Res. 2020;88:934-939

Shimizu M, Shimizu H, Jinkawa A, Yamamiya M, Shinozaki E, Yokoyama T, Ohta K, Sakumura N, Takakuwa M, Fujita S, Fusagawa S, Nakagishi Y, Nariai E, Yachie A. Cytokine profiles in human parechovirus type 3-induced sepsis-like syndrome. Pediatr Infect Dis J. 2020;39:137-139

Shimizu M, Mizuta M, Okamoto N, Yasumi T, Iwata N, Umebayashi H, Okura Y, Kinjo N, Kubota T, Nakagishi Y, Nishimura K, Mohri M, Yashiro M, Yasumura J, Wakiguchi H, Mori M. Tocilizumab modifies clinical and laboratory features of macrophage activation syndrome complicating systemic juvenile idiopathic arthritis. Pediatr Rheumatol Online J. 2020;18:2

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等制作研究事業 小児期および成人移行期小児リウマチ患者の全国調査データの解析と両者の異同性に基づいた全国的「シームレス」診療ネットワーク構築による標準的治療の均てん化研究班 若年性特発性関節炎分担班 成人診療会のための小児リウマチ性疾患移行支援ガイド 羊土社 2020年5月

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等制作研究事業 小児期および成人移行期小児リウマチ患者の全国調査データの解析と両者の異同性に基づいた全国的「シームレス」診療ネットワーク構築による標準的治療の均てん化研究班 若年性特発性関節炎分担班 若年性特発性関節炎における生物学的製剤の手引き2020年版 羊土社 2020年5月

中岸保夫 共著、伊藤秀一 森雅亮 監修 小児リウマチ学 朝倉書店 2020年5月


2019年 論文・著書

Usami M, Shimizu M, Mizuta M, Inoue N, Irabu H, Sakumura N, Nakagishi Y, Yachie A. Extensive serum biomarker analysis in patients with macrophage activation syndrome associated with systemic lupus erythematosus. Clin Immunol. 2019;208:108255

Takakura M, Shimizu M, Irabu H, Sakumura N, Inoue N, Mizuta M, Nakagishi Y, Yachie A. Comparison of serum biomarkers for the diagnosis of macrophage activation syndrome complicating systemic juvenile idiopathic arthritis. Clinical Immunol. 2019;208:108252

Hara R, Umebayashi H, Takei S, Okamoto N, Iwata N, Yamassaki Y, Nakagishi Y, Kizawa T, Kobayashi I, Imagawa T, Kinjo N, Amano N, Takahashi Y, Mori M, Itoh Y, Yokota S. Intravenous abatacept in Japanese patients with polyarticular-course juvenile idiopathic arthritis: results from a phase III open-label study. Pediatr Rheumatol Online J. 2019;17:17

Yasumura J, Yashiro M, Okamoto N, Shabana K, Umebayashi H, Iwata N, Okura Y, Kubota T, Shimizu M, Tomiita M, Nakagishi Y, Nishimura K, Hara R, Mizuta M, Yasumi T, Yamaide F, Wakiguchi H, Kobayashi M, Mori M. Clinical Features and characteristics of uveitis associated with juvenile idiopathic arthritis in Japan: first report of the pediatric rheumatology association of Japan (PRAJ). Pediatr Rheumatol Online J. 2019;17:15

Mizuta M, Shimizu M, Inoue N, Nakagishi Y, Yachie A. Clinical significance of serum CXCL9 levels as a biomarker for systemic juvenile idiopathic arthritis associated macrophage activation syndrome. Cytokine. 2019;119:182-187

Shimizu M, Inoue N, Mizuta M, Nakagishi Y, Yachie A. Serum Leucine-Rich α2-glycoprotein as a biomarker for monitoring disease activity in patients with systemic juvenile idiopathic arthritis. J Immunol Res. 2019;2019:3140204

浜田 佳奈, 中岸 保夫, 笠井 和子. TAFRO症候群様の臨床症状を呈し, 心嚢および腹部ドレナージを要した小児全身性エリテマトーデスの一例. 小児リウマチ;10:3-10


2018年 論文・著書

akumura N, Shimizu M, Mizuta M, Inoue N, Nakagishi Y, Yachie A. Soluble CD163, a unique biomarker to evaluate the disease activity, exhibits macrophage activation in systemic juvenile idiopathic arthritis. Cytokine. 2018;110:459-465

Kubota T, Takei S, Shimizu M, Yasumura J, Nakagishi Y, Kizawa T, Yashiro M, Wakiguchi H, Yamasaki Y, Kawano Y. Early prediction for over two years efficacy of the first biologic agent for polyarticular juvenile idiopathic arthritis: A multi-institutional study in Japan. Mod Rheumatol. 2018;28:826-831

Shimizu M, Mizuta M, Yasumi T, Iwata N, Okura Y, Kinjo N, Umebayashi H, Kubota T, Nakagishi Y, Nishimura K, Yashiro M, Yasumura J, Yamazaki K, Wakiguchi H, Okamoto N, Mori M. Validation of classification criteria of macrophage activation syndrome in Japanese patients with systemic juvenile idiopathic arthritis. Arthritis Care Res (Hoboken). 2018;70:1412-1415

Shimizu M, Inoue N, Mizuta M, Nakagishi Y, Yachie A. Characteristic elevation of soluble TNF receptor II:I ratio in macrophage activation syndrome with systemic juvenile idiopathic arthritis. Clin Exp Immunol. 2018;191:349-355

木澤 敏毅, 謝花 幸祐, 井上 なつみ, 大倉 由加, 岡本 奈美, 久保田 知洋, 清水 正樹, 中岸 保夫, 西村 謙一, 水田 麻雄, 八代 将登, 八角 高裕, 安村 純子, 山出 晶子, 脇口 宏之, 梅林 宏明, 森 雅亮. 若年性特発性関節炎に対するアバタセプト治療の手引き. 小児リウマチ 2018;9:81-87


2017年 論文・著書

Mizuta M, Shimizu M, Nakagishi Y, Kasai Y, Yachie A. Bicipital synovial cyst associated with systemic juvenile idiopathic arthritis: new insights obtained from unique pathological findings. Int JRheum Dis. 2017;20:2242-2244

Shimizu M, Nakagishi Y, Inoue N, Mizuta M, Yachie A. Leucine-rich α2-glycoprotein as the acute-phase reactant to detect systemic juvenile idiopathic arthritis diseaseactivity during anti-interleukin-6 blockade therapy: A case series. Mod Rheumatol. 2017;27:833-837

Ishikawa S, Shimizu M, Inoue N, Mizuta M, Nakagishi Y, Yachie A. Interleukin-33 as a marker of disease activity in rheumatoid factor positive polyarticular juvenile idiopathic arthritis. Mod Rheumatol. 2017;27:609-613


2016年 論文・著書

Mizuta M, Shimizu M, Inoue N, Kasai K, Nakagishi Y, Takahara T, Hamahira K, Yachie A. Serum ferritin levels as a useful diagnostic marker for the distinction of systemic juvenile idiopathic arthritis and Kawasaki disease. Mod Rheumatol. 2016;26:929-932

Tasaki Y, Shimizu M, Inoue N, Mizuta M, Nakagishi Y, Wada T, Yachie A. Disruption of Vascular endothelial homeostasis in systemic juvenile idiopathic arthritis-associated macrophage activation syndrome: The dynamic roles of angiopoietin-1 and -2. Cytokine. 2016;80:1-6

Nakagishi Y, Shimizu M, Kasai K, Miyoshi M, Yachie A. Successful therapy of macrophage activation syndrome with dexamethasone palmitate. Mod Rheumatol. 2016;26:617-20


2015年 論文・著書

Shimizu M, Nakagishi Y, InoueN, Mizuta M, Ko G, Saikawa Y, Kubota T, Takei S, Yachie A. Interleukin-18 for predicting the development of macrophage activation syndrome in systemic juvenile idiopathic arthritis. Clin Immunol. 2015;160:277-81

Takahara T, Shimizu M, Nakagishi Y, Kinjo N, Yachie A. Serum IL-18 as a potential specific marker for diffentiating systemic juvenile idiopathic arthritis from Kawasaki disease. Rheumatol Int. 2015;35:81-4

Nakagishi Y, Shimizu M, Kasai K, Miyoshi M, Yachie A. Successful therapy of macrophage activation syndrome with dexamethasone palmitate. Mod Rheumatol. 2016;26:617-20

清水 正樹, 梅林 宏明, 井上 祐三郎, 笠井 和子, 金子 詩子, 菊池 雅子, 木澤 敏毅, 北側 好郎, 久保田 知洋, 鈴木 一雄, 中岸 保夫, 橋本 邦生, 原 良紀, 安村 純子, 山崎 雄一, 中堅小児リウマチ医の会. 若年性特発性関節炎に対するメトトレキサート治療の現状-中堅小児リウマチ医の会におけるアンケート調査. 小児リウマチ 2015;6:23-27

水田 麻雄, 笠井 和子, 中岸 保夫, 三好 麻里. 複雑心奇形を有する若年性特発性関節炎にに対するトシリズマブの投与経験. 小児リウマチ 2015;6:49-52

笠井 和子, 水田 麻雄, 中岸 保夫, 三好 麻里. Parry Romberg syndromeに限局性強皮症を合併した1小児例. 小児リウマチ 2015;6:69-72

学会発表


2020年

水田 麻雄, 井上 なつみ, 清水 正樹, 和田 泰三, 中岸 保夫, 谷内江 昭宏. サイトカインプロファイルからみた全身型若年性特発性関節炎およびマクロファージ活性化症候群に対する病態解析 (第3回 日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会 (東京 2020.2.16))


2019年

謝花 幸祐, 岡本 奈美, 梅林 宏明, 岩田 直美, 大倉 有加, 久保田 知洋, 清水 正樹, 中岸 保夫, 西村 謙一, 水田 麻雄, 八代 将登, 八角 高裕, 安村 純子, 脇口 宏之, 森 雅亮. 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 全国小児リウマチ中核施設の疫学調査結果を用いたMMP-3及び骨密度についての検討 (第63回 日本リウマチ学会総会・学術集会 (京都2019.4.15))

西村 明紘, 中岸 保夫, 浜田 佳奈. 抗MDA5抗体が高値であったが良好な臨床経過を得られた間質性肺炎を合併した若年性皮膚筋炎の一例 (第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (札幌 2019.10.5))

中岸 保夫, 西村 明紘, 浜田 佳奈, 岡本 圭祐, 水田 麻雄, 本田 吉孝, 宮本 尚幸, 井澤 和司, 貝藤 裕史, 黒澤 寛史, 清水 正樹, 森貞 直哉, 八角 高裕, 西小森 隆太. I型インターフェロン症を疑う9歳の女児症例 (第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (札幌 2019.10.5))

水田 麻雄, 清水 正樹, 宇佐美 雅章, 井上 なつみ, 中岸 保夫, 谷内江 昭宏. 全身性エリテマトーデスに合併したマクロファージ活性化症候群症例の網羅的サイトカイン解析 (第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (札幌 2019.10.5))

清水 正樹, 水田 麻雄, 岡本 奈美, 八角 高裕, 岩田 直美, 梅林 宏明, 大倉 有加, 金城 紀子, 久保田 知洋, 中岸 保夫, 西村 謙一, 毛利 万里子, 八代 将登, 安村 純子, 脇口 宏之, 森 雅亮. トシリズマブ治療中に発症した全身型若年性特発性関節炎に合併したマクロファージ活性化症候群症例の臨床的特徴 (第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (札幌 2019.10.5))

久保田 知洋, 山崎 雄一, 西村 謙一, 中岸 保夫, 井上 なつみ, 清水 正樹, 水田 麻雄, 金子 詩子, 脇口 宏之, 橋本 邦生, 木澤 敏毅, 鈴木 一雄. 関節型JIA患者における生物学的製剤の中止状況TeMPRA共同研究 (第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (札幌 2019.10.5))

Mizuta M, Shimizu M, Usami M, Sakumura N, Irau H, Takakuwa M, Inoue N, Nakagishi Y, Yachie A. Comparison of serum cytokine profile in macrophage activation syndrome among different background rheumatic diseases in children. (2019 EULAR congress (Madrid 2019.6.14))


2018年

岡本 奈美, 謝花 幸祐, 梅林 宏明, 岩田 直美, 大倉 有加, 久保田 知洋, 清水 正樹, 中岸 保夫, 西村 謙一, 水田 麻雄, 八代 将登, 八角 高裕, 安村 純子, 脇口 宏之, 森 雅亮.リウマチ性疾患の疫学2 本邦若年性特発性関節炎の疫学的特徴 全国小児リウマチ中核施設の調査結果・診断時 (第62回 日本リウマチ学会総会・学術集会 (東京 2018.4.26))

謝花 幸祐, 岡本 奈美, 梅林 宏明, 岩田 直美, 久保田 知洋, 水田 麻雄, 中岸 保夫, 西村 謙一, 大倉 有加, 清水 正樹, 脇口 宏之, 八代 将登, 八角 高裕, 安村 純子,森 雅亮. 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 本邦若年性特発性関節炎の疫学的特徴 全国小児リウマチ中核施設の調査結果・最終観察時 (第62回 日本リウマチ学会総会・学術集会 (東京 2018.4.26))

久保田 知洋, 中岸 保夫, 岡本 奈美, 梅林 宏明, 岩田 直美, 大倉 有加, 清水 正樹, 謝花 幸祐, 西村 謙一, 水田 麻雄, 八代 将登, 八角 高裕, 安村 純子, 脇口 宏之, 森 雅亮. リウマチ性疾患と感染症2:B型肝炎・HTLV1・インフルエンザ・ニューモシスチス 本邦JIA患者におけるインフルエンザ感染及びワクチン接種に関する現状調査 全国小児リウマチ中核施設の調査結果 (第62回 日本リウマチ学会総会・学術集会 (東京 2018.4.26))

清水 正樹, 水田 麻雄, 岩田 直美, 大倉 有加, 金城 紀子, 八角 高裕, 梅林 宏明, 久保田 知洋, 中岸 保夫, 西村 謙一, 八代 将登, 安村 純子, 山崎 和子, 脇口 宏之, 岡本 奈美, 森 雅亮. 全身型若年性特発性関節炎に合併したマクロファージ活性化症候群における活動性指標の経時的変化 (第62回 日本リウマチ学会総会・学術集会 (東京 2018.4.26))

高桑 麻衣子, 清水 正樹, 水田 麻雄, 井上 なつみ, 中岸 保夫, 谷内江 昭宏. 全身型若年性特発性関節炎に合併したマクロファージ活性化症候群における診断バイオマーカーの比較検討 血清neopterin値の有用性 (第28回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (東京 2018.10.26))

久保田 知洋, 中岸 保夫, 岡本 奈美, 梅林 宏明, 岩田 直美, 大倉 有加, 清水 正樹, 村田 卓士, 謝花 幸祐, 西村 謙一, 水田 麻雄, 八代 将登, 八角 高裕, 安村 純子, 脇口 宏之, 森 雅亮. JIA患者におけるインフルエンザ罹患時の発熱期間と治療背景に関する検討 (第28回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (東京 2018.10.26))

伊良部 仁, 清水 正樹, 水田 麻雄, 井上 なつみ, 宇佐美 雅章, 高桑 麻衣子, 作村 直人, 中岸 保夫, 谷内江 昭宏. マクロファージ活性化症候群における基礎疾患による血清サイトカインプロファイルの比較検討 (第28回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (東京 2018.10.26))

岡本 奈美, 中岸 保夫, 西村 謙一, 清水 正樹, 大倉 有加, 安村 純子, 脇口 宏之, 謝花 幸祐, 水田 麻雄, 森 雅亮. 本邦小児における赤血球中ポリグルタミル化メトトレキサート濃度の有用性と至適用法用量の検討 (第28回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (東京 2018.10.26))

水田 麻雄, 清水 正樹, 井上 なつみ, 作村 直人, 伊良部 仁, 高桑 麻衣子, 笠井 和子, 中岸 保夫, 谷内江 昭宏. 関節型若年性特発性関節炎における病態評価と病勢マーカーとしての血清sCD26、sCD30値の臨床的有用性 (第28回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (東京 2018.10.26))

中岸 保夫, 浜田 佳奈, 笠井 和子. アバタセプトで治療中の難治性全身型若年性特発性関節炎の1例 (第28回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (東京 2018.10.26))

浜田 佳奈, 中岸 保夫, 笠井 和子. 腔水症のため心嚢および腹部ドレナージを要した小児全身性エリテマトーデスの一例 (第28回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (東京 2018.10.26))

Okamoto N, Shabana K, Nakagishi Y, Nishimura K, Mizuta M, Okura Y, Shimizu M, Wakiguchi H, Yasumura J, Mori M. Methotrexate Polyglutamates As an Evaluation Tool for Appropriate Dosage of Oral Methotrexate Administration in Pediatric Patients. (2018 ACR/ARHP Annual Meeting (Chicago 2018.11.5))

Kubota T, Nakagishi N, Okamoto N, Umebayashi H, Nishimura K, Iwata N, Okura Y, Shimizu M, Mizuta M, Shabana K, Yashiro M, Yasumi J, Yasumura H, Wakiguchi H, Kinjo N, Takei S, Mori M. SYSTEMIC TYPE of Juvenile Idiopathic Arthritis is A RISK FACTOR of Influenza Infection -A multi-institutional questionnaire survey in JAPAN- (25th European Pediatric Rheumatology Congress (Lisbon, Portugal 2018.9.5))

Mizuta M, Shimizu M, Sakumura N, Irau H, Takakura M, Inoue N, Nakagishi Y, Yachie A. The clinical significance of serum sCD30/CD26 ration in patients with juvenile idiopathic arthritis. (25th European Pediatric Rheumatology Congress (Lisbon, Portugal 2018.9.5))

Sakumura N, Shimizu M, Mizuta M, Inoue N, Nakagishi Y, Yachie A. Soluble CD163, a uniaque biomarker to evaluate the disease activity, exhibits macrophage activation in systemic juvenile idiopathic arthritis. (25th European Pediatric Rheumatology Congress (Lisbon, Portugal 2018.9.5))

Shimizu M, Mizuta M, Inoue N, Nakagishi Y, Iwata N, Yasuoka R, Yachie A. Clinical significance of serum interleukin-18 level for the diagnosis and the assessment of disease activity and remission in systemic juvenile idiopathic arhtiritis. (25th European Pediatric Rheumatology Congress (Lisbon, Portugal 2018.9.5))

中岸保夫. 全身型JIA (第6回小児リウマチ研修会 (東京 2018.2.17))

連絡先 連絡先:兵庫県立こども病院 リウマチ科
住所:〒650-0047 神戸市中央区港島南町1丁目6-7
電話(078) 945-7300(代表)