現在のページ:TOPページ病院紹介病院プロフィール ≫ 病院指標

病院紹介

病院指標

- Hospital index -

平成28年度 兵庫県立こども 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 4064 1108 82 23 -
解説
 この指標は、集計期間に退院した患者さんの年齢階級別(10歳刻み)患者数です。また、年齢は、入院した時点での年齢で集計しています。
退院患者さんの年齢構成をみると、病院の担う診療機能の特徴が反映されています。 
 当院は、こども専門の病院として設立し、診療に当たっていることから、子どもがほとんどを占めています。総合周産期母子医療センター、小児救命救急センター、小児がん医療センター、小児心臓センターを中心に集学的治療を行っています。
 なお、分娩及び健康保険の対象とならない公費(生活保護など)は、この指標の数値には含んでいません。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 8.07 5.79 0 5.13
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2 なし 11 2 3.95 0 2.27
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし - - 5.5 - -
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし - - 6.02 - -
0400801199x10x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし - - 12.4 - -
解説
 救急外来から入院される肺炎、急性気管支炎、熱性けいれん、腸炎などの感染症を中心に、専門診療科へのコーディネートや心身症、発達相談などの小児科一般にも対応しています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 66 6.35 6.02 3.03 3.79
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2 なし 49 2.35 3.95 0 2.65
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 40 6.28 5.79 0 5.18
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 2.03 7.12 0 6.26
030270xxxxxxxx 上気道炎 28 4.21 4.83 3.57 2
解説
 兵庫県下の小児救急医療の拠点として、小児の救命救急を中心とした救急医療を24時間体制で提供しています(2017年4月小児救命救急センターの指定を受ける)。上位5疾患は急性気管支炎、肺炎、上気道炎、熱性けいれん、てんかんなどの内科系の疾患ですが、外傷や事故といった手術の必要な外科的な疾患も救急科を窓口として外科系各診療科と協力して対応しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 110 4.06 4.39 0 7.51
14031xx004x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 経皮的肺動脈形成術等 手術・処置等2 なし 28 5.54 5.91 0 4.89
14029xxx97x0xx 動脈管開存症、心房中隔欠損症 その他の手術 処置2なし 25 4.76 6.45 0 9.2
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 4.28 7.44 0 16.52
14031xx19910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 15 5.4 4.62 0 0
解説 
 当科では新生児期発症の重症心疾患を始め、あらゆる先天性心疾患に対する診断、治療を行っています。
 第4位は、基礎疾患として心疾患を有する患者さんによる反復入院によるものです。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 42 11.17 22.67 0 8.52
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 16 11.06 12.43 0 3.75
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 12 8.75 7.58 0 9.17
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 12.84 - -
130111xxxxx0xx アレルギー性紫斑病 手術・処置等2 なし - - 12.44 - -
解説
 当科では、
・腎炎・ネフローゼ症候群に対して、腎生検等の各種検査により確定診断を行い、エビデンスに基づき治療方針を決定しています
・泌尿器科と連携して先天性腎尿路異常や尿路感染症の診断・精査・治療を行っています。
・慢性腎不全に対して、在宅腹膜透析(APD、CAPD)を行っています。
・腎移植後のフォローを行っています。
・集中治療科と連携して溶血性尿毒症症候群などの救急を要する急性腎不全の診断・治療(透析療法など)を行っています。
血液腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx99x2xx 急性白血病 手術なし 手術・処置等2 2あり 92 8.89 13.96 0 9.16
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 81 41.33 41.96 0 7.89
020040xx99x1xx 網膜芽細胞腫 手術なし 手術・処置等2 あり 44 13.66 9.12 0 2.68
100180xx97x1xx 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 あり 28 26.36 32.94 0 3.71
020040xx99x0xx 網膜芽細胞腫 手術なし 手術・処置等2 なし 27 2.04 3.13 0 3.15
解説 
 当科は平成25年2月より厚生労働省より「小児がん拠点病院」に指定され、白血病、悪性リンパ腫などの血液腫瘍及び神経芽腫、肝芽腫、網膜芽腫、脳腫瘍などの固形腫瘍、その他すべての悪性腫瘍を診療しています。小児外科、脳神経外科、眼科他、小児領域を専門とする外科系各科や放射線科、病理診断科と連携し、質の高い集学的医療を提供しています。難治例においては造血幹細胞移植を実施しています。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 5.36 7.12 0 4.41
010080xx99x1xx 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 1あり 13 17.38 26.98 7.69 1.92
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.36 - -
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2 なし - - 3.95 - -
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 5.79 - -
解説
 当科では、てんかん、熱性けいれん、急性脳炎・脳症などの救急を要する疾患を中心に診療を行っています。重度の身体障害をもつ患者では、感染症罹患時には重篤化しやすく入院加療が必要となります。
アレルギー科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1 なし 29 1.48 2.62 0 8.72
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 6.42 - -
030340xxxxxxxx 血管運動性鼻炎、アレルギー性鼻炎<鼻アレルギー> - - 6.53 - -
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし - - 17.77 - -
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし - - 6.02 - -
解説
 当科は、アトピー性皮膚炎・食物アレルギー・気管支喘息・花粉症などのアレルギー疾患の診療を専門に行っています。特に食物アレルギーについては、アレルギーがあるかどうかの正確な診断や摂取できるようになったかどうかを確認するため、入院で食物負荷試験を行うことが必要な場合があります。
代謝内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100250xx99100x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 5.81 3.81 0 7.63
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 13.78 - -
100060xx99x100 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 13.46 - -
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 11.48 - -
100250xx99101x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 9.96 - -
解説
 当科では、下垂体、副腎、甲状腺、Ca・骨疾患、糖代謝異常などの内分泌代謝疾患の検査、治療を専門に行っています。
新生児内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 87 8.32 6.18 10.34 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 50 12.52 11.55 2 0
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 2あり 23 30.22 27.33 0 0
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 1あり 21 13.05 12 4.76 0
140010x299x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 1あり 12 17.83 23.53 33.33 0
解説
 当院は総合周産期母子医療センターに指定され、当科では最もハイリスクな超早産児(在胎28週未満)、超低出生体重児(出生体重1,000g未満)等の診療を積極的に実施しています。また当院の特徴として、心臓センター,外科系各科との連携により、あらゆる新生児疾患への対応が可能で生後早期より適切な治療を行える体制が整っています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140280xx99x0xx 気道の先天異常 手術なし 手術・処置等2 なし 48 5.27 5.02 2.08 5.15
040310xxxxxxxx その他の呼吸器の障害 40 4.93 10.77 0 8.38
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 22 2.23 8.57 0 3.32
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 3.81 7.44 6.25 5.25
140280xx97x0xx 気道の先天異常 手術あり 手術・処置等2 なし 13 13.15 10.28 0 6.62
解説
 当科では先天性気管狭窄症や声門下狭窄症などの呼吸器疾患を多く扱っているのが特徴です。そのため、患者数の1位は先天性気管狭窄症、2位は声門下腔狭窄などの喉頭疾患です。3位は臍ヘルニアや腹壁のヘルニア、腹壁形成異常などの疾患でした。胃、食道、大腸などの消化管疾患も多く、内視鏡検査も小児外科で行なっています。5位の手術例は先天気管狭窄症に対する気管形成手術例で、わが国では最も多い手術数です。なお、最も患者数の多い小児の鼠径ヘルニアは今回の統計の対象外であるため患者数としては現れていません。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14029xxx01x0xx 動脈管開存症、心房中隔欠損症 弁形成術等 手術・処置等2 なし 27 9.7 15.13 0 5.37
14031xx002x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2 なし 23 20.83 25.84 0 4.91
14031xx103x1xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの等 手術・処置等2 あり 22 17 24.16 0 0
14031xx101x1xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 完全型房室中隔欠損症手術等 手術・処置等2 あり 16 38.38 60.99 0 0
14031xx003x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの等 手術・処置等2 なし 13 14.38 14.56 0 4.38
解説
 当科では、新生児重症心疾患を中心に成人期までの先天性心疾患の外科治療を行っています。また、先天性心疾患と先天性気管支狭窄症の合併例における体外循環下同時修復術は日本全国から紹介を受けています。
今回最も多い症例は、DPC名称でみてみると、心室中隔欠損症、心房中隔欠損症、動脈管開存症、ファロー四徴症、完全房室中隔欠損の順となっています。なお、心室中隔欠損症は、3番目と5番目にそれぞれ集計され、2番目、4番目には、その他の先天性心疾患なども集計されています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140080xx97x0xx 脳、脊髄の先天異常 手術あり 手術・処置等2 なし 41 10.54 14.79 0 3.51
140080xx99x0xx 脳、脊髄の先天異常 手術なし 手術・処置等2 なし 24 3.63 3.97 4.17 5.58
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 3 11.54 0 8.29
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 4.6 7.52 0 5.53
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 2.09 19.35 0 7.64
解説
 当科では、小児固形がんでは最も多い脳・脊髄腫瘍、二分脊椎、水頭症、頭蓋骨早期癒合症など先天性疾患、もやもや病、脳動静脈奇形など脳血管疾患を診療しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140490xx970xxx 手足先天性疾患 手術あり 手術・処置等1 なし 51 9.1 7.84 0 5.94
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病 なし 16 3.81 5.33 0 5.31
140510xx97xxxx 股関節先天性疾患、大腿骨先天性疾患 その他の手術あり 16 29.5 22.46 6.25 5.81
140620xx97xxxx その他の先天異常 手術あり 14 18 11.65 0 8.29
070210xx01xxxx 下肢の変形 骨切り術 前腕、下腿等 12 9.42 23.36 0 10.83
解説
 当科では、運動器の先天性疾患と外傷を対象として治療しています。特に先天性疾患に対しては現在無症状であっても、将来起こりうる症状に対して予防的な処置を施すことが頻繁にあり、保護者への十分な説明と同意を得て治療を行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 56 8.36 9.91 0 4.29
140490xx971xxx 手足先天性疾患 手術あり 手術・処置等1 あり 20 8.8 9.94 0 1.2
140490xx970xxx 手足先天性疾患 手術あり 手術・処置等1 なし 17 3.24 7.84 0 0.41
080180xx970xxx 母斑、母斑症 手術あり 手術・処置等1 なし 16 3.25 4.19 0 3.63
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 13 3 4.28 0 3.08
解説
 当科は、唇裂・口蓋裂、耳介奇形、多指症、色素斑(あざ、ほくろ)などの先天性疾患及び外傷による皮膚軟部組織欠損、瘢痕(傷跡)によるひきつれなどの治療を行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 80 7.89 8.12 0 5.45
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 14 3 3.32 0 3.57
140110xxxxxxxx 鼻の先天異常 - - 8.61 - -
030370xxxxxxxx 鼻ポリープ - - 5.05 - -
030240xx97xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 その他の手術あり - - 8.77 - -
解説
 最も多い症例は睡眠時無呼吸を伴うような扁桃肥大アデノイド肥大で、口蓋扁桃摘出術やアデノイド切除術を行う患者さんです。重症の上気道閉塞をきたすアデノイドに対しては2歳未満でも手術治療行っています。滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ挿入術、鼓膜穿孔に対する鼓膜形成術・鼓膜穿孔閉鎖術の治療も行っています。
 当科は、小児の耳鼻咽喉疾患を診察しており、一般の耳鼻科では困難な乳幼児の難聴に対する検査や手術を実施しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 287 4.56 3.36 0 7.85
140100xxxxxxxx 眼の先天異常 42 3.19 4.66 0 6.57
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 19 3.37 3.46 0 5.79
140090xxxxxxxx 先天性鼻涙管閉塞 10 3 3.01 0 2.8
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 - - 2.91 - -
解説
 当科は斜視、弱視、眼形成異常、小児白内障、小児緑内障、涙道疾患、網膜芽細胞腫、未熟児網膜症など小児の眼科疾患全般を診察、治療しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11013xxx03xxxx 下部尿路疾患 尿管膀胱吻合術等 55 6.42 9.48 0 3.58
140580xx02xxxx 先天性下部尿路疾患 尿道形成手術等 54 4.93 10.03 0 1.74
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 51 3.75 3.29 0 3.84
14056xxx97xxxx 先天性水腎症、先天性上部尿路疾患 手術あり 20 5.6 7.98 0 6.65
140580xx97xxxx 先天性下部尿路疾患 その他の手術あり 12 4.92 7.34 0 4.5
解説
 当科は、膀胱尿管逆流、水腎症、神経因性膀胱、尿道狭窄など尿路系疾患及び停留精巣、遊走精巣、尿道下裂、陰嚢水腫など性器系疾患の治療を行っています。停留精巣などの小手術は、全身麻酔をかけるのに問題のないお子さんでは、入院せず、日帰り手術を行っていますので、この入院統計には含まれておりません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - -
大腸癌 - - - - - -
乳癌 - - - - - -
肺癌 - - - - - -
肝癌 - 27 - 1 7,6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
解説
 当院の特徴としては、子どもの肝臓に発生する悪性腫瘍(がん)のうち、最も頻度の高い「肝芽腫」と呼ばれる病気が、「肝癌」の全てとなっています。
 治療内容としては、抗がん治療が約半数程度となっています。
 全ての症例が、「肝芽腫」であることからUICC基準による病期分類の区分が困難であり「不明」としています。
 この指標は、現在、日本で最も多い5つのがん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)の進行状況(Stage)ごとの症例数を集計したものです。
 がんの症例数を調べることで、その病院がどの程度がん治療に積極的に取り組んでいるかを知ることができます。また、病気の進行状況ごとにみることで、その病院の診療の幅を知ることができます。
※Stageとは、がんの進行状態を示すものであり、0期からⅣ期の5つに分類されます。0期に近いほどがんが小さくとどまっている状態であり、Ⅳ期に近いほどがんが広がっている状態となります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
解説
 当院の入院患者さんは、ほとんどを子どもが占め、若干の患者さんはありましたが、成人(20歳以上)を対象とした指標であり、対象がありません。
 なお、成人(20歳以上)の入院患者さんは、周産期医療での入院であるため、対象となる市中肺炎の患者は存在しません。
 この指標は、成人(20歳以上)で、入院契機病名と最も医療資源を投入した傷病名がICD J13~J18$ で始まる患者さんを重症度別に、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 20 6.7 8.15 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
解説 
 当院は、子どもの入院患者さんがほとんどを占め、10例未満は、個人情報の観点から、全て「-」表示としています。
 また、I63 脳梗塞の治療では、発症後3日以内に治療を開始しています。I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>では、診断検査目的と治療(脳新生血管造成術)目的となっています。
 なお、転院はなく、自宅への退院となっています。
 この指標は、脳梗塞(DPC010060)の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。それぞれ発症3日以内とその他に分けて表示しています。これは、発症後の早期治療により、予後の経過等がよいため、病院の診療機能として、迅速な治療ができるかを示しているものです。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの 等 14 0 1.79 7.14 1.64
K8381 精索捻転手術 対側の精巣固定術を伴うもの 等 - - - - -
K0451 骨折経皮的鋼線刺入固定術(上腕) - - - - -
K653-2 食道・胃内異物除去摘出術(マグネットカテーテルによるもの) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
解説 
 手術の必要な外科的な疾患も救急科を窓口として外科系各診療科と協力して対応しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K570-3 経皮的肺動脈形成術 25 2.28 7.84 0 3.36
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) その他のもの 等 19 2.89 3.89 0 3.89
K574-2 経皮的心房中隔欠損閉鎖術 17 1.24 2.88 0 11.76
K5621 動脈管開存症手術 経皮的動脈管開存閉鎖術 - - - - -
K570-2 経皮的肺動脈弁拡張術 - - - - -
解説
 カテーテル治療は、肺動脈弁や大動脈弁および血管狭窄に対するバルーン拡大術、種々の側副血管や動脈管開存に対するコイル塞栓術、心房中隔欠損及び動脈管開存のカテーテル閉鎖術などを中心に行っています。
新生児内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 等 44 0.16 69.5 9.09 0
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 等 18 0 150.33 0 0
K5622 動脈管開存症手術 動脈管開存閉鎖術(直視下) 等 - - - - -
K7292 腸閉鎖症手術 腸管切除を伴うもの 等 - - - - -
K528 先天性食道閉鎖症根治手術(1歳未満) 等 - - - - -
解説
 もっともハイリスクな超早産児(在胎28週未満)、超低出生体重児(出生体重1,000g未満)の出生時からの一貫した管理はもとより,他院で発生した重篤な病態の新生児を積極的に受け入れています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等 277 0.29 0.29 0 3.44
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア 等 18 0.44 0.33 0 3
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 等 13 3.08 9.46 15.38 9.46
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 13 1.15 1.15 0 4.23
K5223 食道狭窄拡張術(拡張用バルーン) 等 12 1.42 2.83 0 8.58
解説
 小児の鼠径ヘルニア、臍ヘルニアの手術が上位をしめ、日帰り入院手術として対応しています。 重症心身障害児の外科治療も多く手がけており、胃瘻造設術が3位となっています。また、要望の多い鼠径ヘルニアの腹腔鏡手術も少しずつ増えてきています。5位は食道狭窄症に対する内視鏡下の拡張術でした。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5761 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの 等 45 1.42 13.82 0 1.2
K5741 心房中隔欠損閉鎖術 単独のもの 等 23 1.43 6.39 0 5.87
K5862 単心室症又は三尖弁閉鎖症手術 フォンタン手術 11 2 32.91 0 2.09
K5861 単心室症又は三尖弁閉鎖症手術 両方向性グレン手術 等 - - - - -
K563 肺動脈絞扼術 - - - - -
解説
 小児循環器疾患全般を治療対象としていますが、半数以上はファロー四徴症、大血管転位症、心内膜床欠損症、単心症などの複雑心疾患症例であり、その多くは新生児、乳児となっています。
 当院では、「小児心臓センター」を設置し、周産期から成人期までの診療体制に加え、循環器内科・外科の枠を越えた、より緊密な連携、より高度で一貫性のある治療戦略、地域連携の強化など、患者さま中心の最良の医療を提供します。
 手術にあたっては、当科医師による手術後の術後管理は継続して、各科で実施しています。このため、今回の指標では、一貫した治療を実施する新生児内科に当科医師の実施した動脈管手術が掲載されています。
 当科の詳細な診療実績については、当院のホームページ(診療科-心臓血管外科-診療実績)をご覧下さい。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1382 脊椎披裂手術 その他のもの 等 18 1.06 7.17 0 3.22
K1742 水頭症手術(シャント手術) 等 15 1.13 10.67 0 8.73
K1381 脊椎披裂手術 神経処置を伴うもの 等 14 1.71 17.71 0 1.14
K1491 減圧開頭術 キアリ奇形、脊髄空洞症の場合 等 11 2 14.64 0 7.82
K610-2 脳新生血管造成術 10 1 9.6 0 7.7
解説
 水頭症、その他の先天性疾患:水頭症については、厳密な手術適応に基づく髄液短絡術、内視鏡手術を行っています。
 二分脊椎、脊髄脂肪腫、頭蓋頸椎移行部疾患:週1回の二分脊椎などを対象とした外来において、泌尿器科、整形外科と協議して治療を進める体制を確立しています。脊椎再建に要する脊髄腫瘍の治療も行っています。もやもや病に関しては家族歴も含め治療、支援を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0482 骨内異物(挿入物を含む)除去術(大腿) 等 22 1.55 4.18 0 10.64
K038 腱延長術 等 22 1.5 3.59 0 5.64
K080-2 内反足手術 等 19 3.74 7.89 0 6.95
K0581 骨長調整手術 骨端軟骨発育抑制術 等 11 1.73 7.73 0 10.36
K1002 多指症手術 骨関節、腱の形成を要するもの 等 10 2.2 2.1 0 0.5
解説
 出生直後から成人するまでの小児整形外科疾患の外科的治療を行っています。
 先天性内反足に対するアキレス腱延長術や変形矯正術、種々の原因で起こった脚長差に対する脚長補正手術などを多く行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1002 多指症手術 骨関節、腱の形成を要するもの 等 20 1 1.4 0 0.35
K4073イ 顎・口蓋裂形成手術 顎裂を伴うもの 片側 等 16 1.06 6.5 0 9.31
K287 先天性耳瘻管摘出術 13 1 1 0 4.15
K1012 合指症手術 骨関節、腱の形成を要するもの 等 12 1 7.67 0 0.25
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル以上4センチメートル未満 等 12 1 1.33 0 3.42
解説
 先天性あるいは後天性疾患による、主として身体外表、軟部組織・硬組織の変形・欠損を機能的かつ形態的に再建修復を行う治療の手術を行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 等 61 1 6.28 0 5.7
K370 アデノイド切除術 15 1.07 5.6 0 4.53
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 13 1 1 0 3.54
K392-2 喉頭蓋嚢腫摘出術 - - - - -
K341 上顎洞性後鼻孔ポリープ切除術 - - - - -
解説
 平成28年度は病院移転のため手術制限を行ったため例年より約2割手術件数が少なかった。
 口蓋扁桃手術、アデノイド切除術は入院手術で実施しています。
 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術は、ほとんどは日帰り外来手術(年間約200例)にて実施しているためこの統計に含まれませんが、心臓疾患や喘息などの基礎疾患のある児や住所地が遠隔地の児は2泊3日の入院手術を行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2422 斜視手術 後転法 等 155 1.23 2.37 0 6.74
K2423 斜視手術 前転法及び後転法の併施 等 59 1.14 2.42 0 8.54
K2421 斜視手術 前転法 等 58 1.12 2.4 0 10.64
K2172 眼瞼内反症手術 皮膚切開法 等 41 1.15 1 0 6.46
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 等 13 1.08 2.62 0 4.31
解説
 乳幼児期、学童期を中心として、斜視手術を積極的に実施しており、患者数が多いこともあって眼科手術の7割弱を占めています。また、手術前後には膜プリズム装用など視能矯正にも注力しています。また、もともと発症件数の少ない緑内障や白内障などの疾患についても専門性を活かした適切な管理、治療を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K809-2 膀胱尿管逆流手術 53 1.89 3.75 0 3.19
K819 尿道下裂形成手術 53 1.68 2.19 0 1.77
K836 停留精巣固定術 43 1.53 1.16 0 4.14
K819-2 陰茎形成術 12 1.67 2.67 0 4.08
K778 腎盂形成手術 - - - - -
解説
 主に先天的な腎、尿管、膀胱など尿路系疾患と陰茎、精巣、膣などの性器系疾患の外科的治療を行っています。問題がなければ尿道下裂は3泊4日、膀胱尿管逆流は4泊5日の入院期間です。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 等 11 5.55 6.36 0 33.18
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
解説
 当院は総合周産期母子医療センターに指定されおり、当科は母体もしくは胎児に異常が認められたために専門的診断と高度の治療が必要となったハイリスク妊産婦を受け入れています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 11 0.21
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 31 0.59
異なる - -
解説
 この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。
 手術・処置等の合併症については、ほとんどが DPC 病名と入院契機病名が同一である症例でした。手術・処置等の合併症を主訴として入院され、治療を受ける入院患者さんへは、その治療行為の入院医療費請求となっています。
 手術・処置等の合併症にあたる症例としては、次のとおりです。
 手術や処置等は合併症を起こさないように細心の注意を払って施行しています。しかし、合併症はどうしても一定の確率で起こり得ます。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
【内訳】
T81$ 処置の合併症,他に分類されないもの 17件
T825 その他の心臓及び血管の人工器具及び挿入物の機械的合併症 2件
T827 その他の心臓及び血管の人工器具,挿入物及び移植片による感染症及び炎症性反応 4件 
T85$ その他の体内プロステーシス,挿入物及び移植片の合併症 10件
T881 予防接種に続発するその他の合併症、他に分類されないもの  1件