現在のページ:TOPページ研修・採用情報 | 小児科後期研修医募集 ≫ 研修統括責任者からのメッセージ

研修・採用情報

小児科後期研修医募集

- pediatrics late training physician recruitment -

研修統括責任者からのメッセージ

当院で後期研修を考えている先生方へ

当院は小児専門医療施設として全国で2番目に設立された伝統ある施設です。
これまで県下唯一の小児病院として最後の砦となるべく、専門医療を中心に取り組んできました。その伝統を守りつつ、新たな病院に移転することを契機に、診療内容をさらに充実させたいといろいろ取り組んできました。まず、救急総合診療の充実です。これまで紹介されてくる三次救急のみに対応する体制でしたが、それでは十分に三次の救命救急にも対応できないことが明らかなために、初期から対応できる救急体制をつくり、所謂専門診療科では対応困難な境界領域の患者などにも対応できる総合診療体制を構築したいと考えています。さらに救命救急、集中治療を一連の流れで実施できるように救急部門の体制をより強化し、集中治療部門を独立させて、優秀な専門医を配置することで万全の体制を作りました。

また、これまで当院に欠けていた感染症科、臨床遺伝科を立ち上げ、専門的な見地から病院全体にアドバイスできる診療体系を作りました。
さらに地域における最前線の小児医療はまさに総合診療の際たるものであるという認識にたって、約1年間は地域の病院に派遣して研修することを義務付けました。

このように従来からの各専門診療科おける研修指導に加えて、これまで欠けていた総合診療科等におけるいわゆる総合診療も研修できる体制が出来上がったことになります。
小児科医として一からスタートする人にとっては、最も大切な基礎としての総合診療と興味深い専門診療にも触れることができる当院の後期研修はまたとないものと信じます。
後期研修が終われば自分の進みたい専門診療を目指して各専門診療科のフェローとなるもよし、総合診療をもう少し極めたいと総合診療のフェローになるもよし、大学院での研究も視野に入れて連携大学院に入って当院でクリニカルリサーチフェローとなるもよし、いろいろな魅力あるコースがあなたを待っています。

兵庫県立こども病院 副院長 上谷良行

当院での小児科後期研修の目的は、「こども医療の最後の砦を担う医師」を育てることです。

当院の強みは、小児科の各サブスペシャリティーの分野で一流のスタッフがそろっていることです。全スタッフが共通の目標意識を持つことで、これまで各診療科が独立して担ってきた教育を横断的に連携し、より良い研修が実現することを可能としました。

3年間のうちの約1年間は、地域医療やできるだけ多くの一次から二次の症例を経験し、当院で三次も含めた難しい症例にチームの一員としてかかわることで、幅広くそして深い知識と貴重な経験が得られることでしょう。

期間内にすべての行動目標が達成できた専攻医には、研修科目を選択できる期間を設けています。こども病院でしか研修することができない小児麻酔科や小児放射線科での研修や、大学病院などで最先端の研究に触れることができる機会が得られます。

さらに、チューター制度(メンター制度)を行っており、それぞれの専攻医には1年ごとにチューターがつきます。自身のキャリアや進路の相談、神戸での生活に関することなどより充実した研修になるようなアドバイスを受けることができます。

皆様の研修が充実し、すべての専攻医が目標に到達できるように小児科専門医教育研修部会もチームとしてサポートを行っていきます。
興味を持たれた方は、ぜひ一度見学にお越しください。

兵庫県立こども病院 専攻医 神納幸治