現在のページ:TOPページ各部門検査部 ≫ 生理検査室/細菌検査室/病理検査室

各部門

検査部

- inspection unit -

生理検査室

生理検査室では、心臓の状態を調べる心電図検査心臓超音波検査、脳の活動状態を調べる脳波検査、聴覚や視覚を刺激して反応を調べる誘発脳波検査、神経機能を調べる神経伝導速度検査、呼吸の状態を調べる肺機能検査簡易睡眠時無呼吸検査などを行っています。
乳幼児の方は、主治医の判断により眠剤を飲んで頂き、眠られてから検査する場合がございます。質問などがございましたら、お気軽に声をおかけ下さい。

  • 心電図検査

  • トレッドミル検査


  • 心臓超音波検査

  • 脳波検査


  • ABR検査

  • VEP検査


細菌検査室

細菌検査室ってなにをしているところ?

熱が出たり傷口が膿んだりしたときに、痰や尿や膿などから病気となる細菌を見つけて、どんなお薬(抗菌薬)が効くのかを調べています。

どうやって細菌を調べるの?

患者さんの痰や膿などを、細菌の好きな栄養たっぷりの寒天で育て目に見える大きさにします。細菌は種類によって、色・形・生化学性状が異なるので、菌の名前を特定することができます。それから、いろいろな抗菌薬を溶かした液の中で細菌を育てます。もし、その中で育たないときは、抗菌薬によって細菌の発育が抑えられているということなり、その抗菌薬を治療に使うことができます。

  • 同定・薬剤感受性パネル自動測定装置



病理検査室

病理組織検査
手術やある種の検査によって採取された身体の一部を特殊な処理をして3μm程の厚さに切り、その薄く切った切片を染色液で染め、顕微鏡で組織を観察し病理医が診断するための標本を作っています。
検体の部位や疾患により、特殊な染色を行います。
また手術中にすぐ結果を報告する術中迅速検査も行っています。

  • 自動染色装置

  • 凍結切片作成装置


細胞診検査
胸水・腹水などの体腔液や髄液を遠心して細胞を集め、スライドガラスに塗抹して染色液で染め、それを顕微鏡で観察して異常な細胞がないかを調べる検査を行っています。

  • 生化学・免疫検査室
  • 血液・輸血検査室
  • 一般検査室

  • 生理検査室
  • 細菌検査室
  • 病理検査室