現在のページ:TOPページ各部門看護部 ≫ CN紹介

各部門

看護部

- nursing department -

認定看護師(CN)紹介

ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる者をいい、看護現場において実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献します。

CN有資格者数

皮膚・排泄ケア 1名
新生児集中ケア 2名
感染管理 1名
がん化学療法看護 1名
がん化学療法看護 1名
摂食・嚥下障害看護 1名
集中ケア 1名
糖尿病看護 1名
緩和ケア 1名

皮膚・排泄ケア認定看護師
鎌田 直子

看護部長室に所属し院内を横断的に活動しています。外来ではストーマ・排泄外来や二分脊椎外来、スキンケア・排泄外来(名称確認中)を通して、入院中では病院スタッフから依頼を受け、ストーマ(人工肛門・人工膀胱)を造設された方、スキントラブルのある方(褥瘡:床ずれ、胃瘻、おむつかぶれ、医療用粘着テープによるものなど)、排泄管理が必要な方が快適な生活を過ごせるように支援を行っています。また褥瘡管理者として褥瘡対策チームと連携し、院内の褥瘡対策状況の把握、褥瘡回診、褥瘡カンファレンス、職員研修などを行っています。

感染管理認定看護師
鳴滝 由佳

看護部長室に所属し、院内感染対策責任者として、患者、スタッフ、訪問者など院内の全ての人々を感染から守るため、組織横断的に感染管理活動を実践しています。医療関連感染サーベイランスの実践、感染防止技術の立案と導入、病院内に勤務する全ての職員を対象とした職業感染防止プログラムの実践、感染防止教育、感染防止のためのコンサルテーション(相談)を実施しています。また、ファシリティマネジメント(病院環境管理)も推進しています。

がん化学療法看護認定看護師
後藤 恵美

こどもや家族が安心して化学療法を受けることができるよう活動をしています。抗がん剤の安全な取扱いと適切な投与管理を行い、がん化学療法を受けながら成長・発達していくこどもの副作用症状のマネジメントを行い、セルフケア支援を行っています。がん化学療法が円滑に行うことができるよう多職種と連携し治療環境の整備に努めています。また、がん化学療法看護の実践や部署内、院内での勉強会などを通してがん化学療法看護の質の向上のため、看護スタッフを対象に指導・相談を行います。

小児救急看護認定看護師
藤原 健太

小児救急看護認定看護師が携わる領域は、家庭の事故防止や育児不安に対する指導から緊急蘇生・重症初療対応まで多岐にわたります。そのため、救急処置はもとより、子どもの事故の防止、家庭における育児能力の向上等といった観点も考慮しながら、病気や障害と向き合っているすべての子どもとそのご家族に対し、専門的な知識と技術を用いて、より質の高い看護ができるよう取り組んでいます。

摂食・嚥下障害看護認定看護師
森本 葉子

摂食機能評価・訓練を行い、摂食嚥下障害のある、もしくは障害が予測される子どもの発達促進・QOL 向上を目指し、個別性・専門性の高い看護を提供できるよう活動します。領域別看護ケア向上委員会摂食障害ケア部会に所属し、勉強会やマニュアル作成、症例検討を共に行い、各部署から選出された看護スタッフへ向けての指導・相談を行います。また、外来での摂食嚥下に関する看護相談も行っています。

新生児集中ケア認定看護師
井谷 洋美

急性期にあるハイリスク新生児を対象とし、その治療・療養経過中に生じうる身体的および心理的社会有害事象に対して予防的観点から働きかけ、発達促進、個別的なケアを実践します。ハイリスク新生児の蘇生や、重篤化を予防し生理学的安定化を図るための看護を実践します。デベロップメンタルケアや痛みに対するケアなど、神経行動学的な発達を促すための個別化したケアを実践します。心理的に危機状態に直面しているご家族が、こどもとの関係を築けるよう支援します。

集中ケア認定看護師
坂本 佳津子

重症かつ集中治療を必要とするこどもやその家族は集中治療室という特殊な環境で、様々な不安や苦痛を抱えながら、その小さな生命と向き合い闘っています。このような環境において「その子にとっての最善は何か?」を常に考え、成長発達やQOLを考慮した根拠のある知識や技術、ケアの提供、意思決定支援などを行なっています。また、こどもや家族を含めたチームで取り組める環境作りを目指して日々活動をしています。

糖尿病看護認定看護師
泊 菊子

生涯治療を継続するこども達がライフステージに応じた生活調整や療養法を会得し、健やかな成長発達が成し遂げられるようご家族と共に支援いたします。さらに、糖尿病を抱え社会生活を送る中でセルフケアを実践し成人移行できるように援助させていただきます。

緩和ケア認定看護師
刈谷 友紀

様々な身体的苦痛の症状マネジメント、スピリチュアルケア、心理社会的ニーズのケア、臨死期のケア、グリーフケア、医療者に対するグリーフケア、精神的サポート、緩和ケアにおける倫理的課題の解決などに関連した実践・指導・相談を行います。緩和ケアは、疾患の診断時から終末期に至るすべての過程において患者家族が必要とされています。対象を全人的に理解し、価値観を尊重し、QOLを維持・向上するための看護を実践したいと考えています。


  • 組織
  • 成長発達への支援
  • 質の高い看護を目指して

  • CNS紹介
  • CN紹介
  • 教育体制

  • 採用情報