現在のページ:TOPページ各部門看護部 ≫ 質の高い看護を目指して | 委員会

各部門

看護部

- nursing department -

質の高い看護を目指して

  • 委員会
  • 領域別・看護ケア向上委員会領域別・看護ケア向上委員会
  • 看護相談外来紹介看護相談外来紹介
  • 有志の会紹介有志の会紹介

  • 看護部安全対策委員会
  • 教育委員会

  • 教育担当者会
  • 看護師長補佐会

  • 看護部感染対策委員会
  • 看護部看護記録委員会

  • 看護部業務・手順委員会
  • 研究支援委員会

  • 臨床指導者会
  • 看護部地域連携委員会

看護部安全対策委員会

こども・家族への安全な看護・ケアの提供を目指し、ヒヤリハットを分析し、再発防止に向けて小グループで活動しています。新生児から大人と看護の対象は広く、状況に応じた安全な薬剤業務、ライン管理、転倒・転落の予防について取り組んでいます。また、広報やKYT、RCA分析について勉強会を行い、安全委員が中心になり、現場でのリスク感性の向上を目指し活動しています。


教育委員会

教育委員会では、看護職員のキャリア開発を支援すると共に、良質な看護を提供するための教育体制を整備、実践する事を目的に取り組んでいます。
主な活動としては、各ラダーの目標を達成するために、院内での集合教育について企画・運営・評価をおこない、OJTとリンクした継続性のある教育の検討・看護師個々のキャリアに応じた支援の検討を行っています。

「楽しくなければ教育じゃない!」

をモットーに熱い気持ちを持って活動しています。


教育担当者会

教育担当者会は、各部署に1-2名ずつ配置された教育担当者が力を合わせ、新人看護師教育に関連する活動を行っています。新人看護師対象の院内集合研修や各部署での個別教育などを企画・運営しています。新人看護師がそれぞれ自分の目指す看護師に育っていけるように、スタッフ皆と協力して支援していきます。新人看護師が悩みながら成長し、自分らしくいきいきと仕事をしている姿を見ると、とても嬉しく思います。



看護師長補佐会

各看護単位の円滑な運営と看護の質向上をはかることを目的に、部署や病院の課題達成に向けて率先して実行しています。また、看護師の人材育成に取り組んでいます。
【活動内容】
看護提供方式の定着に向けた活動、看護師確保のためのPR活動、看護補助者との協同に向けた研修会の実践、新病院に向け電子カルテ導入の準備に力を入れています。各病棟に2名の看護師長補佐が配置されており、看護実践モデルとしての役割を担い、各病棟におけるOJTの核として精力的に行動しています。


看護部感染対策委員会

感染対策に関する看護の質向上を目指し、各部署における感染対策の実動部隊として、中心的役割を担っています。標準予防策と感染経路別予防策の徹底のための活動を主とし、手指衛生と個人防護具使用の直接観察法の実施、各種チェックリストの作成と監査の実施などを行っています。ICCやICT、ICNと連携し、各部署の問題発生時に早期対処にあたるとともに、ICTラウンドに同行するなど、院内の感染対策を推進しています。



上記画像をクリックすると拡大します

看護部看護記録委員会

看護記録委員会では、「看護の可視化と質評価につながる看護記録ができる」を目的とし、委員会活動や、部署での活動を通して、「看護記録の見直しや標準化」「看護記録の量的・質的監査」に取り組んでいます。特にここ数年は電子カルテを見据え、看護師長補佐会と連携を図りながら、記録・帳票の整備をおこないました。
今後は基本の活動に加え、電子カルテにおける情報の活用や取り扱いなど、新たな取り組みを始めていきます。


看護部業務・手順委員会

感染対策に関する看護の質向上を目指し、各部署における感染対策の実動部隊として、中心的役割を担っています。標準予防策と感染経路別予防策の徹底のための活動を主とし、手指衛生と個人防護具使用の直接観察法の実施、各種チェックリストの作成と監査の実施などを行っています。ICCやICT、ICNと連携し、各部署の問題発生時に早期対処にあたるとともに、ICTラウンドに同行するなど、院内の感染対策を推進しています。



上記画像をクリックすると拡大します

研究支援委員会

研究支援委員会は、看護部次長・看護師長・専門看護師によって構成され、スタッフが看護研究を意欲的かつ適切に実施できるように、研究の全プロセスにわたって支援をしています。看護研究がよりよいケア実践につながることを目指しています。また、スタッフが研究をやり遂げる達成感や、ケア実践に活かせる喜びを感じられることを期待して活動しています。


臨床指導者会

当院では看護学生の臨床実習を数多く受け入れています。臨床指導者会は学生が効果的な臨床実習ができるように、また臨床指導者の育成を目的として活動しています。 未来の看護を担う看護学生を職員全員で支援しています。 外来や入院の際に学生をお見かけすると思いますがご協力の程をよろしくお願いします。


看護部地域連携委員会

地域連携委員会では、退院支援に関する院内外の現状を知り、地域連携推進を目的に委員会活動を行っています。院内では、在宅支援のためのリンクナースとして、退院に向けての他部門との連携を図っています。また、在宅支援に向けた知識・技術の獲得に向けた地域の他施設等との相互研修を行い、地域との連携強化を目指しています。

退院支援・退院調整の流れ

目的:入院早期から効果的な退院支援を進めるために、看護師は、入院~退院までに必要な退院支援・退院調整について理解し、早期から患者・家族が主体的に参加できるように支援し、他職種や地域との連携を図り患者・家族が安全に安心して在宅療養にむかえる。


小児の在宅医療移行の条件

こどもが医学的に安定しており在宅医療に耐えうる状態である。
家族の受け入れがてきている。
退院後の支援体制が構築されている。
社会的資源、必要物品が確保されている。
家族が医療看護技術を習得している。
緊急時の連絡体制が構築されている。

退院支援と退院調整の違い

退院支援

患者・家族が自分(こども)の病気や障害を理解し、退院後も継続が必要な医療や看護を受けがらどこで療養するのか、どのような生活を送るのかを自己決定するための支援。

退院調整

患者・家族の自己決定を実現するために、患者・家族の意向を踏まえて環境・人・物を社会保証制度や社会資源につなぐなどのマネジメントの過程。

退院支援・退院調整における3段階のプロセス

第1段階 スクリーニングとアセスメント(入院当日~3日目)
退院支援が必要な患者のスクリーニング
アセスメント
支援の必要性を患者・家族と共有し動機づけする
第2段階 (導入期・在宅準備期)受容支援と自立支援(入院3日目~退院まで)
継続的にアセスメントし、チームで支援
患者・家族の疾患理解・受容を支援
  • 受容支援 ー 病気・病態を患者・家族が理解し、受容していくための支援
    自立支援 ー 自宅で出来る医療・看護の方法を患者・家族と一緒に考え、自立を目指す支援

第1段と第2段階の初期は、病棟看護師が、主体的に係る段階

第3段階 (退院移行期)サービス調整(退院調整)
退院を可能とするための制度・社会資源の調整
地域サービス・社会資源の連携・調整
参考文献:
小児在宅医療支援マニュアル(MC メディカル出版)自治医療大学小児科助教 著書
かんかん!看護師のためのWebマガジンby医学書院 京都大学医学部附属病院 宇都宮宏子


  • 『平成27年度 訪問看護ステーション研修 事例検討会』


  • 看護部長挨拶
  • 成長発達への支援
  • 質の高い看護を目指して

  • CNS紹介
  • CN紹介
  • 教育体制

  • 採用情報