現在のページ:TOPページ各部門看護部組織 ≫ 周産期センター

各部門

看護部

- nursing department -

組 織

周産期センター

産科病棟・MFICU

小児専門病院の総合周産期母子医療センターです。

母体もしくは胎児に専門的検査と高度の治療が必要となったハイリスク妊産婦を受け入れる、紹介型周産期医療施設です。県下の中核的周産期医療施設として24時間体制で緊急母体搬送を受け入れています。産科医が24時間体制で緊急帝王切開、分娩に対応しています。

出生児への高度な検査・治療を行うために、麻酔科・新生児科・循環器内科・小児外科・脳神経外科など他部門とのチーム医療を行っています。


病棟の隣には産科外来があり、病棟と同じスタッフが妊娠期から産褥期までを担当し、お母さんとあかちゃんの安全を守り、心身共にサポートをしています。

母乳育児推進のため母乳外来を開設し、乳房トラブルの改善への支援と退院されてからの育児不安の相談に対応しています。

NICU

第三次周産期医療施設として、24時間体制で急性期の呼吸・循環管理を必要とする早産児や疾病新生児を受け入れています。

医師と協働し、急性期ケアを実施するとともに、赤ちゃんのストレスを軽減し、成長発達を促すためのディベロップメンタルケアを行い、「赤ちゃんに優しい看護」に日々取り組んでいます。また、母乳育児支援やご家族と協働したディベロップメンタルケアの実施、カンガルーケアなど、親子の絆を大切にしたケアを提供しています。

PNS(パートナーシップナーシングシステム)のもと、小さな赤ちゃんや病気をもった赤ちゃんの生きる力を支えられるように、スタッフが協力し一丸となって看護ケアを行っています。



GCU

集中ケアを必要としない早産児や新生児を対象としています。院内の出生だけではなく、他の一次医療機関や産院で出生となった児の入院も受け入れています。

GCUでは以下の看護に取り組んでいます。

経口哺乳確立への援助

修正週数33週を過ぎると経口哺乳の練習を始めます。児の状態をアセスメントし、負荷ないよう進めていきます。退院後の生活も見据え、多種類の乳首・哺乳ビンを取り揃えています。

退院支援

育児一般に加え、在宅医療ケアが必要な患者に対し、医療的ケアの指導を行っています。また、退院後の生活の支援として、24時間体制での電話相談、地域の保健所への情報提供、家族・主治医・継続受け持ち看護師・地域連携室スタッフ・訪問看護師・保健師との退院調整カンファレンスを行っています。


  • 一般病棟一般病棟
  • 周産期センター
  • 救急センター救急センター
  • 心臓センター心臓センター

  • 手術手術
  • MEME
  • 保育保育

  • 看護部長挨拶
  • 成長発達への支援
  • 質の高い看護を目指して

  • CNS紹介
  • CN紹介
  • 教育体制

  • 採用情報